28歳独身営業系サラリーマンの割り切り体験談

出張先での楽しみは、食べ物ばかりではありません。女性だって、地方ごとに違います。店舗を構えたそれなりの所は、どこに行ってもありますが、私は味気ないからいきません。スマホでサッと出会い系を検索すれば、よほどの山奥でない限り、割り切りの女性と出会うことは可能です。

その日その場で、パートナー探しとなれば、割り切りの書き込みほど便利なものはありません。普通の出会い系からメッセージ交換を繰り返す方法も、もちろんやっていますが、出張の時は割り切りに決めています。確実に好みのタイプをゲットできます。

その日も、「今からOK!」の中から、慎重に選別して絞り込みました。土地勘がないので、なるべく分かりやすい場所で、待ち合わせにしてもらいました。着いて少し待つと、手を振って元気良くやってきたのは、24歳のOLさんでした。

結構カワイイ娘で、人懐っこく私の腕に手を回してきました。少しだけ散策しながら、メインの通りから何本か奥まった所にあった、ラブホに入りました。割り切りは承知の上です。あんまり野暮なことは言いたくなかったので、約束通りでイイね!と軽く言うと、ニコッと頷きました。私は用意しておいたものを先に渡しました。

ふたりで一緒に裸になって、シャワールームに入ると、彼女は早速、私のものを洗ってくれました。お湯で流してそのまま口に咥えます。両手で玉を抑えながら揉むようにして、先端に舌を絡めてきます。彼女は首を前後に振りながら、タップリとフェラをしてくれました。

ベッドに移って、69になって彼女の秘部を眺めました。ピンクでカワイイ土手の合わせ目から少しだけ愛液が出ていました。口をつけて、彼女が一番感じる突起をそっと舐めまわしました。彼女は私を咥えながらも声を出し始めました。そのうちに彼女の秘部は充分に潤って、私のものを催促してきました 。

仰向けにして正常位で挿入しました。締まりの良いあそこです。締め付けを押し分けるように、抜き差しを続けていきました。もう彼女は声をずっと出し続けています。裏返して後ろからもタップリ攻めました。彼女のお尻に私のお腹がパンパンと当たって最高に気持ちよかったです。

抜き差ししながら、口でフィニッシュしたいと言うと、彼女は髪を振り上げて頷きました。身体を入れ替えて、彼女の口に私のものを押し入れて、あそこと同じように抜き差ししました。彼女がグッと吸った時に合わせて、大量に放出しました。物凄い快感でした。

軽くキスをしながら、抱き合って、彼女の髪を撫でました。彼女は名残惜しそうに、私のものを触っています。割り切りでその場限りのSEXは、普段と違う快感があります。いろんな楽しみ方があります。これからも出張先では、割り切りの出会いを続けて行こうと思っています。